まずは、宅建士資格試験から挑戦しよう

宅建士資格試験の勉強をしたことがありますか?
宅建士資格試験は、権利関係の中に民法の出題もあり、行政書士試験と一部試験科目が被ります。民法は条文と基本的な判例中心の出題になっており、行政書士試験に比べると難易度は低いです。
法令上の制限という科目も、都市計画法などで具体的な行政手続きを問うような問題ですから、行政書士試験の行政法を理解する一助になります。
まずは、宅建士資格試験に挑戦してから、再度、行政書士試験に挑むのも一つの手ですよ。